会社が嫌だという理由で起業することはいいことなのか?

私は会社をやめて起業しました。その理由は会社がとんでもないブラック企業だったからにほかなりません。

ただ、一般的には会社が嫌だという理由で企業をしても、ほとんどの人は失敗するといわれています。その理由は、何事からも逃げ腰になりがちだからです。

会社が嫌だから企業をするというのは、いわゆる後ろ向きな理由ですよね。こういう後ろ向きな理由で起業をしても、なかなか成功するのは難しいだろうといわれているわけです。

確かに、これは一理あります。今の会社では自分の実力は十分に生かしきれない。もっとすごいことをやりたいんだ!という情熱にあふれた人よりも成功できる確率は低いでしょう。

ただ、必ずしも成功しないというわけでもないと思うんです。それは、人には向き不向きがあると思うからです。

どんなことにも合う合わないがあるように、サラリーマンとして働くのは苦手だったとしても、起業家として働くのは向いているという人もいると思うんですね。

かくいう私がそうです。私は人の下で働くのってあまり向いていなかったと思います。今だからこそわかることですが、当時は意識もしていませんでした。

そう思うようになったのは、やっぱり起業をしたからです。企業をしなければそんなことにすら気付きませんでした。

だからこそ、思い付きで良いから多くの人に挑戦してほしいと思うんです。だって、知らず知らずのうちに自分の可能性をつぶしてしまっているかもしれないじゃないですか。

私はあの時勇気を出して会社を辞めていなかったら、本当に恐ろしいことになっていたと思います。今現在、当時の私と同じような悩みを抱えている人って絶対ると思います。

そんな人はぜひ勇気をもって一歩踏み出してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です